初めて「Skype英会話」を選ぶ際のポイント

英語の学習をされている方なら一度は聞いたことがあるであろう、「Skype英会話」。

「Skype英会話」は、基本的にマンツーマンレッスンであるにもかかわらず通学型の語学学校と比較して格段に料金が安く、ネットワーク環境があればどこでも受講できるため、会話の練習には非常に便利なツールです・・・と言うのは皆さんもご承知のとおりかと思います。

私も、某大手の「Skype英会話」を2年間続けており、英語で会話することに抵抗がなくなったのも、ここでアウトプットを積み重ねたおかげだと思っていますので、当サイトを読んでいただいている方にも是非試していただき、また続けてもらいたいと思っています。

とはいえ、会話できるようになるために絶対やった方がいいとわかっていても、この「Skype英会話」を始めるにあたり、「こんなレベルで受講して大丈夫なのだろうか?」とか「相手の言ってることがわからず、沈黙したらどうしよう?」という不安を抱えてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

また、「Skype英会話」のサービス提供会社もどんどん増え、一体どのサービス提供会社を選べばよいのかで悩んでらっしゃる方もいると思います。

これらは私が「Skype英会話」を始める際に悩んでいたことなのですが、皆さんの悩みを少しでも軽くし、「Skype英会話」での学習のとっかかりを見つけてもらうための、サービス提供会社を選ぶ際のポイントをお伝えします。

初めて「Skype英会話」を選ぶ際のポイント

1.教材の充実度を確認する

日本人らしい発想なのかもしれませんが、「Skype英会話」を始めるにあたり、「会話がつづかなかったら気まずいし、そもそも向こうが言ってることわからなかったら、なんか恥ずかしい」という心配が出てきませんか?「Skype英会話」で学習を始めたばかりのとき、私もついついこのプレッシャーに負けてしまいそうになることがありました。

そこで、まずはサービス提供会社が提供している教材の充実度を確認しましょう。

仮にその日の受講時間が30分の場合、教材が充実しているところであれば、最初に2分程度自己紹介だけして後は教材に記載の例文や問題を先生と確認しているだけで、沈黙などする暇もなく、30分なんてあっという間に過ぎます。

自己紹介だけは考えておいた方がいいですが、名前、職業、趣味とか、決まり文句だけ準備しておけば大抵うまくいきます。

この教材だけに集中する方法は、なんだか味気ない気もしますが、最初っから英語でフリートークできるんであれば「Skype英会話」で頑張る必要などないわけですし、沈黙が続くことで「Skype英会話」を続けることに苦手意識が出るくらいであれば、最初は教材の内容だけを先生と確認し、30分間の授業を何とか消化する方法をおすすめします。

2.「最初の先生」を決めるため、体験受講は必ず受ける

「Skype英会話」を続けることができるどうかは、上記の教材の充実度も重要ですが、そこはあくまで最初のとっかかりの部分にすぎません。

継続にあたり一番重要なのは、「自分に合った先生に出会えるかどうか」にかかっていると思います。

気の合う先生に出会えば、上記の教材だけの会話からフリートークにも発展しやすいですし、沈黙も気にならなくなり、わからないことも気軽に尋ねることができるようになります。

結果、楽しく続けることができるようになり、こうなればしめたものです。もっと色んなことを表現したい、と思えば思うほど、学習効率はどんどん上がっていきます。

ですが、最初から自分に合った先生に出会えることはありませんし、何度も受講して親しくなっていくうちに、「話しやすい先生だな~」と思えるようになってくるのが普通だと思います。

ですので、まずは「Skype英会話」を始めるためのとっかかりとなるための、自分にとって話しやすそうな「最初の先生」を見つけることが重要で、そのために体験受講を必ず受講されることをおすすめします。

どこのサービス提供会社も体験受講は無料で受けることができるはずなので、いくつかめぼしいところは全て受けてみましょう。

いくつか受けて、「この先生、何か話しやすいな~」と思える先生がいれば、その人を「最初の先生」として、とりあえずその会社で始めてみましょう。

また、「最初の先生」という言葉を使ったのは、しばらくはこの先生で授業を受けることをおすすめするからです。

これは、毎回違う先生だと毎回自己紹介から始まる可能性があり受講時間がもったいないのと、顔なじみになってくると先生もどんどんフレンドリーに接してくれるはずで、その方が精神的にも楽だからです。

ただ、サービス提供会社にもよりますが、基本的に先生はたくさんいるはずなので、「最初の先生」が合わなければ途中で変更すればよいだけです。そもそも自分の英語のレベルに応じて、合う先生・合わない先生はいるので、その都度変えていけばいいのです。

ご参考までに、体験受講を提供しているいくつかのサービス提供会社のリンクを掲載しておきます。以下は代表的なものにすぎませんので、これら以外にも体験受講を提供している会社はあります。

ラングリッチ

レアジョブ英会話

(参考)自前の施設を持っている

これは、サービス提供会社が自前の施設を持っており、そこに先生を出勤させている形態の方が良い、ということです。

「?」という方もいらっしゃると思いますが、多くのサービス提供会社では、自前の施設を持たず、ネット上で先生と生徒の受講のアレンジと教材を提供し、先生は自宅等の自分の好きな場所からSkypeを通じて生徒に教える、という形態をとっているようです。

一方で、いくつかのサービス提供会社では、自前の施設を持ち、そこに先生を出勤させて、そこからSkypeを通じて教えるという形態を採用しています。

この二つの形態で何が違うかというと、やはり、自前の施設を持っている方が、先生側も「出勤して仕事をしている意識」があり、先生側の緊張感も高いように思います。

もちろん、これは先生によって個人差があることなので、自宅にいる先生でもちゃんとしている人は、ちゃんとしてます。あくまで、私が体験受講を受けた個人的な感想にはなります(なので、あくまで「参考」としています)。

ただ、自前の施設を準備している会社の方が、何となく通信環境も良好なように思いますので、この点もサービス提供会社を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

ちなみに体験受講すれば、先生の背景の壁の雰囲気や雑音(生活音)があるかどうか等で、何となく自宅なのか、そうでないのかはわかります。

始めるとっかかりは「教材」と「先生」

ある程度英語で会話できるのであれば、「今日はこんな風に勉強したい」とか「このテーマで話したい」というリクエストを先生に伝えることができますし、30分間、あるいはそれ以上の受講時間を有意義に使えると思います。そういう方は教材にこだわったり、最初からある程度先生を固定する必要はないのかもしれません。

ですが、それができないから「Skype英会話」で頑張ろうとしている方が大半だと思います。

ですので、顔なじみの「最初の先生」を作り、とりあえず教材を通じて話すことが「Skype英会話」を始めるきっかけになりますし、「自分に合う先生(願わくば最初の先生がそうだとラッキーですが)」が見つかれば、楽しく続けることができます。

始めたばかりのときはロクな会話もできずフラストレーションがたまるかもしれませんが、こんなに安く、お手軽に英語で会話できる機会もなかなかありませんし、続ければ効果は間違いありません。

最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、それも最初のうちだけです!上記のポイントが「Skype英会話」を始めるきっかけになれば幸いです。

なお、「Skype英会話」の授業を実際に初めて受講する際の準備方法についても、私なりの方法を紹介していますので、そちらも参考にしていただければ嬉しいです(→「最初に「Skype英会話」を始めるときの準備」)。

また、日本時講師が良いか、外国人講師が良いかについても、少しアドバイスさせていただいているので、迷われている方はこちらも参考にしてみてください(→「Skype英会話の講師は日本人と外国人のどちらがいいか?【メリット・デメリット比較】」)。












海外ドラマ・映画で楽しく英語学習するコツ

⇒【初心者向け 】英語学習での映画・海外ドラマの使い方のコツと注意点はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です